読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金剛石のゲーム録

元うごメモ作者akariによるゲームブログ。2015年2月、親ブログ「紅色の金剛石」より独立。

【ポケモンGO】規制は本当にすべきなのか

ポケモン

先月、世界中で空前の大ブームを起こした「ポケモンGO」。GPSを利用したアウトドアなゲームスタイルと「ポケモン」という巨大コンテンツがスマホゲームに新たな革命を起こしたが、一方で本作によって多くのトラブルが発生している。

そのトラブルでも抜きんでて多いのが「歩きスマホ」である。以前より社会問題として取り上げられていたが、ポケモンGOによって再びこの問題がクローズアップされることとなった。

matome.naver.jp

headlines.yahoo.co.jp

headlines.yahoo.co.jp

事件内容の多くが傷害事件。最近では痴漢事件も発生している。これに対し国や地方自治体がポケモンGOのプレイに対し注意喚起しているのはご存知だが、一方で規制あるいは禁止する措置を取っている企業・地方自治体もある。

個人的に、安全上著しい問題がある(立ち入り禁止区域、危険なモノを扱う施設・工場)なら禁止すべきだが、休憩時間でのプレイ禁止など過剰な規制はすべきではないと考えている。禁止すべきかすべきではないかの微妙なラインは、「自己責任」として規制はせず、注意喚起をする程度に留めておくべきだと思う。

むしろ、規制はせず、「奨励」することがポケモンGOとの賢い向き合い方だと考えている。既に鳥取砂丘ポケモンGOを奨励する旨の発言を行っているが、今後安全上に問題のない観光地なら奨励していった方が、「ポケモンGOによる新たな発見」「町おこし」などプラスな方向に働くはずなのだからだ。

ただ、広島平和記念公園など慰霊を目的とした施設は例外。「ポケモンと捕まえるという行為」と「平和」に矛盾が生じるからだ。特に原爆の日など重要な行事は安全上、ポケストップ等を止めるのが妥当であろう。

 

最後に、私はここがOKで、ここはダメという線引きはせず、行政の判断にお任せしたい。ただ行き過ぎた規制にはNOと言いたい。